ご挨拶

開倫塾日本語学校 理事長 林 明夫

                

1979 年に創業し、1984 年に法人設立をした開倫塾は、2017 年に創業38 周年、株式会社開倫塾としては法人設立33 周年を迎えます。グローバル化する社会での人材育成に対応するために、2019 年の創業40 周年、法人設立35 周年までに「開倫塾日本語学校」の設立を目指し、2016 年10 月に設立準備室を発足いたしました。

開倫塾創業の地であり、株式会社開倫塾の本社所在地である栃木県足利市には、日本最古の学校である足利学校があります。開倫塾日本語学校では、開倫塾のこれまでの教育事業を踏まえ、足利市を中心に地域の皆様のご理解ご協力を得て、日本語のみならず日本の歴史・文化伝統・生活様式・5S を含む日本式経営の体験をしながらの本格的な日本語教育を目指します。

                    

ゆくゆくは世界各国で開倫塾日本語学校を展開し、日本語や日本文化の普及・拡大に尽力して人材育成に貢献したいと存じます。どうぞよろしくご理解ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

開倫塾日本語学校 学校長 髙尾 敏彦

                                     

開倫塾日本語学校 校長の髙尾敏彦(元公立小学校 校長)です。開倫塾38年の実績を踏襲したノウハウを基盤とし、開倫塾の教育目標のひとつである高い国際理解を掲げ、多文化共生の中で日本の歴史や文化を体験しながらコミュニケーション能力を高めましょう。

全教師が一丸となって、この足利の恵まれた学習環境の中で、皆さんが目標をもって学ぶ支援を一生懸命いたします。